たるみのないハリのある肌へ
ウーマン

脱脂術は確実に改善できる

目元のたるみを解決するには美容整形を受けることがおすすめです。その代表的な施術法は余分な脂肪を除去する脱脂術、高周波のラジオ波で肌を引き締めるサーマクール、専用の糸で皮膚を引っ張り上げるフェザーリフト、注入系のボトックス法などがあります。

加齢とともに増えるたるみ

先生

信じたくない目元のたるみ

女性にとって美しくあることは永遠の夢です。しかし悲しいかな、年齢と共に衰える体にはたるみが現れてきます。特に年齢が分かりやすい目元のたるみは、眼輪筋の筋力低下が大きな要因と言えるでしょう。若々しい印象を取り戻すなら断然目元を変えるべきです。たれてしまった目元のまぶたを切除して、すっきりとした印象を作り上げられますよ。施術する際にはどれほど切除するのかカウンセリングで確認し、理想通りの切除ラインを見つけましょう。たれてしまったまぶたを切除する分、術後にはぴんとした目元のハリを取り戻せます。施術当日にはすっぴんの状態で来院し、最終カウンセリングを経て施術を始め、施術時間はものの30分で終了します。入院の必要もなく手軽に若々しい目元を手に入れられると、今アラフォー、アラフィフ世代から人気の施術になっています。

目元のダウンタイム

術後のダウンタイム時には、どうしても目元が腫れぼったくなります。抜糸するまでの約1週間は、目元を強くこすったりアイメイクしたりすることを避けましょう。抜糸後もしばらく腫れは続き、自然な仕上がりになるまでは1~2ヶ月は掛かります。美容整形外科では術後の経過観察をしてくれるので、気になることは早い内に相談しましょう。どうしても痛みがひかなければ、鎮静剤の処方も受けられます。また嬉しいことに、術後見た目が変わってしまったときは保証を受けられるので、安心して施術に臨めるでしょう。保証期間は美容整形外科によって異なりますが、平均して1年保証を備えるところが多いです。セルフ美容法ではどうしようもない目元のたるみは、まず一度美容整形外科でカウンセリングを受けてみることをおすすめします。美容外科によっては、カウンセリングに対してサービスを実施しているところもあるので、どのような施術とどこに対して行なうのか気になるということは一度予約を行なってみるといいでしょう。また、予約方法は現在様々な手段があります。店頭に出向き予約をする方法、電話で予約をする方法、ネットを使って予約をする方法など手段は豊富なので、自分に適している方法で行なうといいでしょう。利用先となる美容整形外科を探すときは、公式ホームページで公開中のビフォーアフター写真を見比べることが大切です。目元のたるみに悩む40~60代ほどの女性達の、美しく変わる姿を目の当たりにできますよ。

看護師

見た目年齢が若くなる

人は見た目で判断されやすく、目元がたるんでいると老けた印象を与えてしまいます。そこでおすすめするのが美容整形でのたるみ解消です。一時的なものから継続的なものまで色々ありますが、若返り効果を得ることが出来るので大変おすすめです。

レディ

治療法と病院について

目元のたるみに悩んでいる人には、クリニックでの施術をおすすめします。裏ハムラ法、ハムラ法、目の下の脂肪や皮膚を取り除く方法、ヒアルロン酸注入方法などの中から、自分にあった治療法を選びきちんとしたクリニックで改善しましょう。