水着の人

治療法と病院について

レディ

目の悩みの改善方法

歳を重ねるにつれて、目元のたるみが気になってくる人も多いのではないでしょうか。目の下がたるんでいると、どうしても老けて見えてしまいます。なんとか改善しようとマッサージしてみたり、市販の化粧水などをためしてみたりするでしょう。しかし、なかなか改善しないと頭を抱えている人も少なくないはずです。効果的な治療法はやはり、美容整形外科で行う施術です。病院で行う治療には5つ方法があります。自分にあった方法を選んで、目元のたるみを改善しましょう。たるみが比較的深刻ではない人におすすめなのは、目の下の脂肪を移動させる裏ハムラ法です。目の下瞼の裏側を切開し、たるみの原因となる脂肪を下側へ移動させることで、たるみを改善させます。レーザーのメスを使用するため、出血はほとんど無く傷口も目立たないのが特徴です。しかし、たるんでいる部分の脂肪を移動させるために、逆にその部分がたるんでシワになってしまう可能性があるため、注意が必要になります。脂肪だけでなく皮膚もたるんでいる人におすすめなのが、目の下の脂肪を移動させると同時にたるんだ皮膚を取り除くハムラ法です。裏ハムラ法と同じように目の下の脂肪を移動させ、たるんでいる皮膚も除去することで目元のたるみを除去します。術後一週間程度してから抜糸をする必要がありますが、切開の跡は時間がたてば目立たなくなります。しかし、目元の大きな変化により涙袋に影響がでることがあるため注意が必要です。表面の腫れや内出血も起こる場合があります。目の下瞼の脂肪を取り除いて、たるみを軽減する治療法もあります。場合によっては裏ハムラ法やハムラ法と合わせて行われるこの方法は、脂肪によるたるみだけで無く皮膚によるたるみも改善できます。しかし、脂肪で膨らんでいた場所がシワやクマになる場合があることも、頭に入れておかなければなりません。脂肪を取り除くことで目元の形が変化することを避けたい人には、脂肪を除去した後に脂肪を注入して形を整える方法がおすすめです。脂肪を取り除くことでそこの部分がへこんでしまう場合は、その脂肪や太ももの脂肪を注入して目の下の形を整える治療を行います。そのため、美しい自然な表情を作り出すことができます。しかし、注入した脂肪がしこりになる場合があるため、しっかりとした医師との相談が必要になります。もともと体内にある成分であるヒアルロン酸を注入して、目元がたるんでいることを目立たなくさせる方法もあります。注射器での注入になるので切開する必要が無いため、身体を切ることに抵抗がある人に向いている治療法であると言えます。また、他の治療方法と比べると安価で、満足いく出来にならなかった場合には元に戻すことも可能な、比較的手軽な治療法です。しかし、ヒアルロン酸は時間がたつと代謝により無くなってしまうため、長期的な効果は期待できません。半年から1年の周期で、定期的に治療を行う必要があります。以上の点を考慮して治療法を選び、その治療を行っているクリニックを選びましょう。その際には、実績がある医師がいるクリニックや、大手の有名なクリニックを選ぶことをおすすめします。不安がある人は、複数のクリニックでカウンセリングを受けても良いかもしれません。メリット・デメリットをよく理解して、自分にあった治療法、クリニックを選び、目元のたるみを改善しましょう。